”やろうと思っていた病”は重症。今すぐとにかくやりましょう

RYOYA
スタバはジャンクフード!好き得意起業コンサルタントの伊達です!

 

いや、実際スタバってヘルシーに見えますけど多分メチャクチャハイカロリー&ハイシュガーなものが多いと思います。ブランディングってすごい!

 

今回はちょっとキツめの”やろうと思っていた病”は重症。今すぐとにかくやりましょうって事で配信していきます!

 

やろうと思っていた、やろうと考えていた、やろうと思っているって言葉。ついつい言いがちですよね、ただ、その言葉は金輪際やめましょう!!

やろうと思っていた!いや!わかる!気持ちはわかる!でも、その発言をすること自体マーケティングの世界ではスピード感がなさすぎます。

 

それは何故なのか?バリバリ解説していきますので是非御覧ください!!

 

やろうと思っていた病

 

よくクライアントさんと話をする時にクライアントさんが

 

  • やろうと思っていた
  • やろうと考えていた
  • そのうちやる予定

 

と言った感じの事を言われたりします、で、その結果として何ヶ月した後にもう一度聞いてみると返ってくる言葉は大抵

 

「まだやれていません」

 

って感じの言葉。いや、やれないことは全然良いんですが、では何故やろうと思っていた、とかやろうと考えていると、発言してしまうのでしょうか?

全然良いんですよ、ただ、やろうと思っていたって言ってることでスゲー損している事にも是非とも気づいてほしいんです。

 

やろうと思わなくていい

 

基本的に自分の目標の為にやること以外は、やろうと思っていたリストから外しちゃって大丈夫です。

やろうと思っていたって言うことで 忘れてない ということをアピールできたりしますが、別に今やること以外は忘れてしまって大丈夫です。

 

逆に考えれば今自分がやることや、やりたい事が明確になっていないからあれもこれもやろうと思っちゃうんじゃないでしょうか?

自分の目標が定まっていない、やろうと思っていたって言葉にはそういう心情も内包されているようで僕はたまらない気持ちになってしまいます。

 

捨てることで成長する

みんな大好きスティーブ・ジョブズの言葉でこんな言葉あります

 

何かを捨てないと前に進めない。 byスティーブ・ジョブズ

 

そうです、知識や行動は集めたり実践したりした方が良い!って言葉をよく聞くとおもいますが、それらを実践してくためには何か今まで費やしていた時間を捨てたり、何かに集中する必要があります。

 

自分がやろうと思っていたって事は本当に今の自分に必要な事でしょうか?

 

そして、それがやっぱり必要であるならば何故実践をしないのでしょうか?

 

それは、何かを捨てることができないから。そんな風に感じることができます。

誰もが 捨てる という言葉にポジティブな印象を持たないかと思います、目標を諦めるとか、やろうと思っていたを辞めてしまうとか…でも逆に捨てることで得られる事が多いのにはあまり気づかれていません。

 

あなたのその やろうと思っていた は何かを捨ててまでやろうと思うことでしょうか?まずはそれを考えましょう。

 

やろうと思った時にやる人やらない人

 

圧倒的に早く成長する人の共通点として やろうと思った瞬間にやっている っていう特徴があります。

そのぐらいのスピード感はメチャクチャ大事です、なんせ刻一刻とマーケティングをめぐる状況が変化していて、今まで優れていた集客プラットフォームだったのがやろうと思っていたって間に終わっているって事は全然あります。

 

周りの環境が絶えず変化しているにそんなスピード感で上手にマネタイズできるでしょうか?

 

答えはNoですね。

 

実績者が行動が早いのもしっかりとした理由があるってことがわかっていただけたかと思います。

やろうと思っていたってのでは遅いんです、まずはやる、とにかくやる、できなきゃ捨てる。このサイクルをまずは身に付けないと沢山の機会ロスをしてしまっていることに今すぐ気づきましょう!

 

やってみたらめちゃ簡単だった!

やろうと思っていたってのは未知のものに対して使う言葉が多いです。

自分が固定観念で、やろうと思うけどめんどくさいな~って思っていたことをいざ手を付けてみたらスイスイ進むな~って事が往々にしてあります。

 

なんだ!こんな簡単にできるんだ!早くやればよかった!

 

こういう気持ちになったことがあると思います、やったことある人にしてみればなんてこと無い簡単な事でもやったこと無い人からしてみれば難しそうだからいつかやろうと思ってしまいがちなもの。

 

やろうと思っていた事やってみたら簡単だった!

 

そんな勿体無い状態にならないためにも早いところ手を付けて、必要か不必要かジャッジしてしまいましょう!

 

すぐやる病は失敗も多いが成功に近づく!!

 

新しいことをしたい!と思ったら、行動せずにはいられない人がいます。

 

バイタリティが強く、起業家向きですね。もちろん失敗も多くはなりますがその都度その失敗を糧にして自分をアップデートしていくことができます。

 

すぐやる = すぐ失敗する = すぐ修正できる = 成功に近づく

 

という流れです。やろうと思っていただけでは得ることができない経験という素晴らしいものを手に入れることができます。

積極的にすぐやらずにいられない病にかかっていただき、かつガンガン行動していけば必ず成長していくことでしょう!!

 

まずは言葉改革から!

発言する言葉によって人は作られていると僕は思っています。

 

  • 僕には無理
  • できない
  • あとから
  • やれない
  • 今は無理
  • わからない

 

こういう言葉を日常的に使う人は、なにか失敗した時の保険をかけているような気がします。

 

やっぱりそうなった。

 

失敗したときだって、行動したときだって、やろうと思ったけどやらない時はどこか失敗を恐れていて腰が重くなっている場合があります。

そんな自分を変えるには、普段の言葉から変えてみて自分を洗脳しちゃうのがいいかなー!って思います!

 

RYOYA
俺は出来る!って言えばできるようになるぜ!

 

そんなもんです(^^)ポジティブに俺はすぐやる病にかかっていると高らかに宣言しちゃいましょう!

 

以上、お読み頂きありがとうございましたーーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です