リストを集めるにはどうしたら良いの?リストの種類は?

RYOYA
こんにちワンワン!好き得意起業コンサルタントの伊達です!

 

今回はリストの収集方法についてお話をしていきます!リストマーケティングではリストが重要重要と言われますが、じゃあ実際にどうやってリストを集めればいいの?と疑問が湧いてくると思います、よく集客コンサルタントさんの話などを聞いたりすると一気にリストが集まるかのような話をしたりしていますが、リストを集める方法では魔法は使えません。

 

毎日コツコツでの発信が重要になっていくのでその辺も含めてお伝えさせていただきます!

 

それでは行ってみましょう!

 

リスト構築は一日にしてならず

 

RYOYA
ローマと一緒!

 

まず、基本概念としてリスト構築は一日でサクッとできるようなものでもありません、そしてリストを集めるのには結構労力もかかります。

ただそんなに数が多くなくても大丈夫です。

 

僕自身輸出物販のコンサルを初めて募集した際はリスト数が100以下でした、それでも30万のコンサルを8件成約させることができ240万売上を作ることができました。

 

リストに対して大切なことは 量より濃さ です。ガンガン集めまくれば良いわけではありませんのでしっかりと読者さんやブログを訪問してくださった方々に価値提供をしてあげて信頼関係を構築し濃いリストを構築していくようにしましょう!

 

リスト = ファン

 

そしてリストはタダの数字ではないことをしっかりと認識してください、下記の記事にも書きましたが

リストマーケティングって実際何?それって儲かるの?

 

リストあなたの情報を求めてくれているファンのことです。ファンをいかに作れるか、そしてそのファンたちがどうやったら喜んでくれるのか?

そういったことをまず念頭に置いて情報発信をしていくことが基本となります、しっかりと認識していきましょう!

 

リストの種類と集め方

 

ではいよいよリストの集め方ですが、まずどんな種類のリストがあってどのように集めていくかを細かく解説していきます。

それぞれに特徴がありますので、基本的には全部まんべんなくやるというのがセオリーですが自分のファンにどれだけ近くのアプローチできるかということをしっかりと考えていきましょう!

 

Youtube登録者リスト

 

Youtubeにリスト?と思われるかもしれませんが、あなたのチャンネルの登録者だってあなたの新着動画を待ち望んでいるしっかりとしたリストです。

Youtubeは人様(Google)のプラットフォームなのであまり派手なことはできません ※派手なこと=ガンガンセールス 実際アフィリエイトしようとした人やガンガンセールスしようとした方はチャンネルを消された方も多くいらっしゃいます。

 

ただ、フェイスブックもそうですがこれからは動画の時代と言われています。インスタグラムにも動画が入り、Youtubeの視聴者は年々増え続けています。

今動画マーケティングやらなくていつやるの!?っていう状態ですので、Youtubeは情報発信するなら絶対にやっておいた方がいいですね、ってか必須です。やってください。

 

メルマガリスト

 

メルマガはインターネット古代からあるマーケティングの手法ですが、まだまだ全然有効です。

 

LINE@に少し押され気味な部分はありますが、ステップメールが作れるのとこれはYoutubeやフェイスブックなどと違い他人のメディアではありません。

サーバーはレンタルしますが、そこでセールスしようがアフィリエイトしようが禁止ワードを放り込もうが(もちろん悪いワードを入れすぎると到達率は下がります エロ 投資 誹謗など)問題なく発信し続けることができます。

 

なのでメルマガはどの媒体よりもセールスに長けていますね、Youtubeやブログ、フェイスブックなどで自分の発信を見てくれたお客さんをメルマガリストに流してステップメールで教育していく、というのが基本の流れになります。

お客さんとより親密になれるツールがメルマガリスト!リストマーケティング上絶対外せませんのでやっていきましょう。

 

LINE@リスト

 

LINE@は今旬な媒体といえますね、但しセールスに向いているかといえば疑問です。

手軽に登録してくれたり、コミュニケーションを簡単に取ることが可能なのでお客さんとの距離は非常に親密になることができますがスマホから何かを購入するという壁がまだまだ存在します。

 

なのでLINE@に登録してもらったら、そこから日々の日常などを情報発信したりニュースなどを報告したりしてお客さんとの関係をより親密にさせていくことが重要ですね!

そしてLINE@から更にメルマガに登録してもらってセールスをかけていくのがよりセオリーな方法となります。インターネットで販売するよりもより実業向きな媒体といえますね!

 

Facebookリスト

 

フェイスブックは友達と仲良くなるためのツールじゃないの?と思われますが、ビジネスでの集客に一番より近い物ができるのがフェイスブックです。

何故なら実名かつコミュニケーションを取りやすいツールで情報発信では本当に無くてはならないツールですね、セミナー集客などもできますしね。

 

ただ!リストと言う概念で考えるとどうでしょうか?

 

フェイスブックは友達を5000人まで増やすことが可能です、より自分が感じていることに近い見込み客に対してコツコツとアプローチしていき友達を増やすことでリストがたまっていきます。

日々の投稿では7~8割で2割ぐらいをビジネスの投稿にして、コツコツと情報発信していくと共感されやすい投稿になりますね!この辺は本当奥が深いのでまた別途お伝えしますね!

 

その他SNSや購入者リスト

 

その他にインスタグラムでの集客や購入者リストに対してのアプローチなどがありますが、まだまだその辺に行くのはもったいない!

 

その前で紹介したリストの取り方で十分な実績は出せますのでまずはその辺をしっかりと丁寧にやっていくことをオススメします!

 

リストはファンを忘れずに!

 

リストを集める!とマーケティング用語では言ったりしますが実際は存在する人間の事を言います。

 

お客さんだと思ってしっかりと向き合っていき信頼関係に力を入れること、そして有益な情報を発信し続けることをやっていくとファンが構築されていきますのでまずはその認識でガンガン情報発信をしていきましょう!

 

RYOYA
教えるじゃなくて巻き込む感じで!

 

リスト=ファンが集まるととっても楽しくなってきます!是非やっていきましょ~~~(^^)

 

お読み頂きありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です