ペルソナを設定するより実績者をペルソナにしたほうが100万倍捗る

RYOYA
オッス俺田舎産まれ!好き得意起業コンサルタントの伊達です!

 

今回はペルソナを設定するより実績者をペルソナにしたほうが100万倍捗るという事で解説していきまーす!

 

ペルソナって言うと世代によってゲームを連想する人がいますね、僕はやったことありませんが…笑

マーケティングではこのペルソナを本当によく聞くと思います、しかもそれを細かく設定すれば設定するほど良い。みたいな感じで語られることが多いです。

 

でも僕は別にそんなの設定しなくても~って思っちゃう訳です。めちゃくちゃ大きな大企業だったらまだしも何人かでやるスモールビジネスですよ、そういう方々はまずは~から…という事で解説していきます!

 

ペルソナとは何?

 

まずペルソナとは何?を理解することから始めましょう、ペルソナでググって見るとだいたいこんな感じでまとめられています 笑

 

ペルソナとは元々心理学用語で、外的人格、仮面をかぶった人格という意味。

マーケティング業界では、ペルソナは架空の人物として定義した顧客プロファイルのことで、製品やサービスの理想の顧客をあらわします。

 

つまりはあなたが売りたいサービスや商品は、誰に向けて売るんだ?という事を決めるのをペルソナって言います。

例えばあなたが主婦向けのカレー教室を開きたいと思ったらペルソナは

 

  • 東京都 港区在住 静岡県沼津市出身 31歳 主婦
  • 子供2人 3歳&5歳 夫は証券会社勤務 帰宅時間は21時と遅め 土日休み
  • 専業主婦なので時間はあるが、ランチにも出かける回数が多くグルメ
  • 最近ではアジアンな料理や香草にハマっており何か料理を作ってみたいと考える
  • 見ている番組は スッキリ Mステ 見ている雑誌は Oggi
  • スマホはiPhoneを使っており入れているアプリは 食べログ クックパッド

 

などなど…これでもごく一部ですが、もっともっと詳しく絞っていって実際に存在する人間まで近づけるのをペルソナという形としていきます。

 

でもこれってどうでしょうか?

 

カレー教室にそこまで深いペルソナが必要だと思いますか?僕みたいにスモール起業家向けの情報発信に深いペルソナが必要でしょうか?

もちろん結婚しているとか、独身とか、地方とか、都市部とかそういった大きな区分けは必要かもしれませんが、基本的にはざっくりで大丈夫!それよりももっとペルソナを設定しやすく自分の理想としている人が集まる方法があるのでそれを実践していったほうがかなりいいんです!

 

ペルソナを設定するとやりづらくなる

 

ペルソナを設定するメリットはあります、ターゲットが絞られたりイメージする顧客がリアルに感じられて発信する内容が定まったりします。

ただ、それは全員の意思疎通を行わないとダメなチームの場合が多く、個人で情報発信する上では意思疎通もクソもありません。自分が考えて自分が情報発信すればしっかりそれで自分のイメージするターゲットに十分刺さります。

 

僕が考えるにスモールビジネスの場合はペルソナを設定することにより制限されるメリットの方が問題でさっきのカレー教室の例だったら

 

  • iPhoneしか持ってないならアンドロイドでアプローチできない!
  • 子供2人いるなら沢山カレーを作る必要がある!
  • 旦那さんが遅いから冷めても美味しい料理にする必要がある!

 

などなど、いや、いいですそこまで拘らなくて…笑 と肩にポンっと手をおいてしまいたくなるようなガチガチにペルソナに支配されて自分が本当に発信したいことや発信しないといけないことなどがおざなりになってしまっています。

 

それじゃダメなんです!!!(力説)

 

元々情報発信はもっと気軽なものだしふんわりと 時間のある主婦に向けて とか お金のある主婦に向けて ぐらいの2~3個のワードでペルソナを決定すればOKです。

痩せたい 男性 オンライン指導でダイエットのペルソナを決めたり、それぐらいのノリでOKです。それよりもっと簡単に設定する方法をお教えしますので。

 

ペルソナは実績者を表に立たせる!

 

スモールビジネスを一から始める場合は実績者の声が必要です。まずは無料でって感じで集めていきます、詳しくは下記をドウゾ

とにかくお客様の声を集めることが成功の鍵!

2017.08.31

そしてそこで実績者を輩出することができたら、その中で

 

「この人みたいな人が僕のサービスを受けてほしいな!」

 

という方が出てくると思います、そうしたらその人をズバリペルソナに設定して情報発信を進めていくんです。

 

その方からこんな声をいただきましたー! その方はこんな雰囲気ですー! こんな生活をしていますー!

 

ということを事あるごとに自分のブログなどに入れていくとその人に近い属性の人が興味を持って記事を見てくれるようになります。

不思議と同じような人々が集まってくるんですね、女性のお客様の声を載せていれば女性のお客さんばっかりにアプローチできるし、男性だったら男性に、そしてその人がお金持ちだったらお金持ちの人が自然と集まってきたりします。

 

自分でペルソナを設定するよりも 僕のサービス受けてくれたのはこんな人ー! こんな人に集まって欲しいー! と情報発信するだけです。

ペルソナをガチガチに悩んで考えるよりずーっとずーっと楽ではないでしょうか?うん、楽なんですよ 笑

 

なのでペルソナは決めるより、お客様の声を集めてそこからペルソナを選ぶって感じが理想的な訳です。

 

ペルソナなんて設定している暇はない!

はい、ストレートな意見ですが設定している暇はないと思います。

 

初期段階の駆け出し起業家だったら、とにかくサービスをより多くの人に試してもらって意見をフィードバックしてもらって更にコンテンツをアップデートしていく。

ペルソナしてお客さんを絞っている暇はありません、まずはとにかく何度も何度もお客さんの声を集めて自分の考えやこういった人にサービスを提供していきたいと言うことをまとめていく。

 

それで十分!ペルソナは完成していきます。

 

スモールビジネスだったらペルソナはこれぐらいのスピード感で十分ですね、立ち止まってはいけません。常に前を向いてガンガン自分のサービスの情報発信をしていきましょう!

 

但し!もちろん、それでも立ち止まった時は一度どんな人にサービスを提供したいかと言う事を自分の心に聞いてみましょう。

それか、僕に相談してください 笑 お気軽にズバッと答えてあげますよ♡

 

理想はペルソナがいつの間にか決まること!

 

ペルソナの理想はざっくりだけ決めておいて、あとは流れに身を任せることだと思います。

 

沢山の人に価値を提供するなかで、瞬間瞬間で自分のペルソナは変わっていくことでしょう。

その時に一度ペルソナを決めてしまったから…とかになってしまうのか、自分の心の動きと同じように常にペルソナになるような人を自分のサービスで幸せにしていくのか。

 

それをしっかりと決めた上で色々行動していく事が良いんじゃないかなと思います!

 

RYOYA
僕のペルソナはこの記事を読んでくれたあなた!

 

という訳でこんな僕をこれからもヨロシク! 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です